スポンサーリンク

【キングダムハーツ】世界の心とは?KHの用語をわかりやすく解説

キングダムハーツ
この記事は約2分で読めます。

世界の心とは、世界(ワールドのこと)そのものの心のことです。

本ページでは

世界=光の世界,闇の世界など概念的な世界
ワールド=「トワイライトタウン」などの星としての世界

を表します

キングダムハーツには様々なワールドが登場します

簡単に例を挙げると

  • トワイライトタウン
  • オリンパス(ヘラクレスの世界)
  • エンチャンテッドドミニオン(オーロラ姫の世界)
スポンサーリンク

世界の心の特徴

  • 基本は人の心と同じ
  • ワールドの中心で「扉」と「鍵穴」に守られている

基本は人の心と同じ

世界の心といっても、基本は人の心と同じです。

そのため、ハートレスに奪われれば闇に堕ちます。

人の心は闇に堕ちとハートレス化するのに対し、世界の心が闇に堕ちるとワールドが消滅し、文字通り闇の世界に堕ちます。

ワールドの中心で「扉」と「鍵穴」に守られている

世界の心は、ワールドの中心で「」と「鍵穴」に守られてます。

※ワールドの中心といっても、本当にワールドの真ん中にあるわけではないと思います(本当に真ん中にあったら簡単に見つかっちゃうし)。

鍵穴はキーブレードによって開け閉めすることができます。

KH1では、なぜか鍵穴が開きっぱなし+ハートレスの急増いろんな世界が闇に堕ちています。

※鍵穴が開きっぱだった理由は謎。デフォルトが開いている状態かも?

物語冒頭でソラたちの故郷「ディスティニーアイランド」が闇の世界に堕ちたのも、この「鍵穴」から世界の心がハートレス(というよりアンセム)に奪われたからです。

KH1のソラたちの目的は「鍵穴を閉じること」

KH1のソラの目的は、世界の心を守っている「鍵穴」を閉じて回ることでした。

「鍵穴」が開いた状態だと、ハートレスが簡単に心を奪えちゃいます。

そのため、開いた鍵穴を閉じて世界を守るのがソラたちの目的です。

スポンサーリンク

世界の心のキングダムハーツ

世界の心が集まった集合体を「世界の心のキングダムハーツ」と呼びます。

KH1で登場したキングダムハーツで、闇の探究者アンセムが作ろうとしました。

また、すべての世界の心が集まったものは「真のキングダムハーツ」と呼びます。

KH BbSやKH3で登場し、ゼアノートの目的に大きくかかわっています。

タイトルとURLをコピーしました