スポンサーリンク

【キングダムハーツ】ヴェントゥスとヴァニタスの関係性/KHのストーリーをわかりやすく解説

キングダムハーツ
この記事は約9分で読めます。
本記事にはKH3やユニオンクロスのネタバレを多く含みます。ネタバレが嫌な方はプレイ後に読むことをお勧めします。

ヴェントゥスとヴァニタスは「キングダムハーツ Birth by Sleep(以下 BbS)に登場したキャラクターです。

なんとなく名前が似ている彼らは、生い立ちにも密接な関係があります。しかもその生い立ちは、BbSをプレイしているだけでは知り得ないものも含まれています。

今回は、そんな彼らについて徹底的に解説していこうと思います。

スポンサーリンク

キャラクター紹介

解説する前に、ヴェントゥスとヴァニタスの簡単なキャラクター紹介をしていきます。

ヴェントゥス(Ventus)

  • マスター・エラクゥスの弟子(通称:エラクゥス一門)
  • 純粋な光の心を宿している
  • ヴァニタスとの決戦のあと、心は長い眠りにつく

ヴェントゥスとは、マスター・エラクゥスの弟子の一人として、キーブレードの修行に励んでいた少年です。

もともとはマスター・ゼアノートの弟子でしたが、ゼアノートによりエラクゥスへ預けられました。

ヴェントゥスは普通の人と違い、心に闇がまったくありません。

実は、ゼアノートによって心の闇を無理やり抜き取られ、一度心が壊れてしまっています。

廃人とかしたヴェントゥスは「生まれたばかりのソラの心」に助けられ、復活します。

BbSの最終決戦後、再び心が壊れてしまったヴェントゥスは、自身の心を”ソラの心”へ溶かし長い眠りにつきます。

ヴァニタス(Vanitas)

  • マスター・ゼアノートの弟子
  • 純粋な闇の心を宿している
  • その正体は、ヴェントゥスの心の闇

ヴァニタスはマスターゼアノートの弟子であり、闇のキーブレードを扱います。

その心は「純粋な闇」であり、光がまったくありません。

ヴァニタスとは、マスター・ゼアノートにより「ヴェントゥスの心の闇の部分」を取り出した存在であることがBbSのストーリーで明かされました。

スポンサーリンク

χブレードをめぐる二人の関係性

ゼアノートは「χブレード」を作るために、光と闇を衝突させようとしました。

マスター・ゼアノートがヴァニタスを生み出した理由は、「純粋な光の心」と「純粋な闇の心」を作ることにあります。

ゼアノートの策略によりχブレードは作成されましたが、この作成方法は正しいやり方でないので、作られたχブレードは不完全です。

不完全なχブレードはヴェントゥスとアクアにより破壊されました。
※χブレードはヴェントゥスの心を用いて作られたため、χブレードの破壊と同時にヴェントゥスの心も壊れてしまいます。

ゼアノートの計画は失敗に終わり、ヴァニタスも消滅しました。

ヴェントゥスとヴァニタスは2つに分かれた1つの存在であることが分かったと思います。

しかし、この関係が少し違うことがのちのストーリーで明かされます。

明かされた新事実

  • ヴェントゥスは古のキーブレード使い
  • 2人はもともと別々の存在
  • (予想)ヴァニタスは「闇」と呼ばれる意思体?

ヴェントゥスは古のキーブレード使い

二人の関係を説明する前に、ヴェントゥスの正体について知っておかなければいけません

出典:Kingdom Hearts Unionχ

ヴェントゥスは古のキーブレード使いであり、何らかの形で時を超えて現代にいます(BbS時代)。

ダンデライオンという組織に所属しており、キーブレード戦争後の世界で「ユニオンリーダー」とうリーダーの1人として存在してました。

性格や見た目はBbSと変わりなく、純粋で真っすぐな様子が見て取れます。(服装が若干違うくらい)

出典:Kingdom Hearts Unionχ

このころから自分を「ヴェン」と呼ばせていたんですね

リーダーの1人として活動する一方、ストレリチアという少女を消滅させるなど、「ヴァニタス」の存在をにおわせるような行動も見られます。

出典:Kingdom Hearts Unionχ

2人はもともと別々の存在

もともと1つの存在とされていたヴェントゥスとヴァニタスですが、実は別々の存在であることが明かされました。

出典:Kingdom Hearts3 Remind

オレとお前は元々は別の存在

俺がおまえの中に長い間隠れていただけだ

ゼアノートはそれを剥がしただけにすぎない

Kingdom Hearts3 Remind イベントシーンより引用


このことから、ヴァニタスは外からヴェントゥスの中に入り、ゼアノートの手によってふたたび外に出たことがわかります。

(予想)ヴァニタスは「闇」と呼ばれる意思体?

※2021年5月時点

完全に明言されていませんが、ヴァニタスと思わしき存在が登場しています。

出典:Kingdom Hearts Unionχ

おまえが、純粋な闇なら、俺は純粋な光……

おまえは、俺と一体となり、自我を持つ純粋な闇の個として生まれ変わった……

おまえに肉体がないのなら、もう一度俺が姿を与えてやる!

キングダムハーツ UnionX ストーリーより引用

闇と呼ばれる意思体の一部がヴェントゥスの中へ入り込み、姿を奪うことで自我を得たことが判明しました。

この「闇の一部」が、現在の「ヴァニタス」である可能性が高いです。ただし、この時のヴェントゥスにはソラの心が無いので、ヴァニタス(と思われる存在)には姿がありません。

Q&A

Q:ゼアノートはなんで正しいやり方でχブレードを作らなかった?

A:横着したから

χブレードを作るには「7つの光」と「13の闇」が必要です。これらを集めるのは一筋縄ではいきません。そのため、ゼアノートは「純粋な光と闇」でこれらを代用しようとしました。
KH 3Dでも、「認めよう、私の早計であったと」と発言しており、かなり横着した計画だったことがわかります。

 

Q:ヴァニタスのセリフ「欠落を補い合った兄弟」とは?

A:ソラ・ヴェントゥス・ヴァニタスの関係を表している

ヴェントゥス・ヴァニタス・ソラの関係性を表しています。本記事でも説明した通り、ヴェントゥスの心はソラが補っています。
また、本来姿がないと考えられるヴァニタスは、ソラの姿をしています。
ソラがヴェントゥスとヴァニタスの不完全な部分を補っていることから、「欠落を補い合った兄弟」と発言しています。
ただし、ソラはなにも補われていないので、”補い合う”という表記が正しいのかは疑問

Q:結局、ヴェントゥスとヴァニタスは別物なの?

A:完全に別物ではなさそう


闇の一部がヴェントゥスの心の闇を利用し自我を持ったため、ヴァニタスの一部はヴェントゥスであると考えられます。
そのため、完全に別物とは言えないかもしれません。

まとめ

もともと1つの存在とされてきたヴェントゥスとヴァニタス

それらが別々の存在であることが、KH3で明かされました。

BbSの発売から10年以上たった今、まさかヴァニタスについて新事実が明かされるとは思いもしませんでした。

ユニオンクロスでのヴェントゥスの物語は完結していないので、今後さらなる事実が明らかになるかもしれませんね。わかり次第追記します。


©Disney. ©Disney/Pixar. Developed by SQUARE ENIX
※当サイト上で使用しているゲーム画像の著作権および商標権、その他知的財産権は、当該コンテンツの提供元に帰属します。

タイトルとURLをコピーしました