スポンサーリンク

【キングダムハーツ】存在しなかった世界とは?KHの用語をわかりやすく解説

キングダムハーツ
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

存在しなかった世界の特徴

主な特徴
  • 光でも闇でもない”狭間の世界”
  • 闇の影響が強く、ハートレスが強力
  • 13機関の本拠地がある世界

狭間の世界に属する

存在しなかった世界は、光と闇の中間である「狭間の世界」に属しています。

狭間の世界にあるワールドは存在が不安定で、闇の回廊が頻繁に現れます。ときどきこの回廊を通して、闇に飲まれた世界の住人が流れ着くことがあります。

キングダムハーツ1冒頭のソラはまさにこれ。ディスティニーアイランドが闇に飲まれたとき、現れた闇の回廊を渡り「トラヴァースタウン」へたどり着きました。

狭間の世界に属するワールドは少なく、現在登場しているのは以下のワールドのみです

  • トラヴァースタウン
  • 不思議な塔
  • 忘却の城
  • トワイライトタウン
  • 存在しなかった世界
  • 旅立ちの地

この中で「存在しなかった世界」は最も闇側に近いと言われています。

凶暴なハートレスが多く生息

狭間の世界の中でも”存在しなかった世界”は闇側に近く、ハートレスが凶暴です。

特に印象的なのがキングダムハーツ 388/2 Days(通称:Days)のラストシーン。2本のキーブレードを扱うロクサスに大勢のネオシャドウが襲い掛かります。

ネオシャドウは、KH1では最終ワールドである「エンドオブザワールド」で登場するほど強力なハートレスです。このレベルのハートレスが多く生息することからも、存在しなかった世界が闇の影響が強いことがわかります。

13機関の本拠地「存在しなかった城」

13機関が活動の拠点としている城です。

目測ではディズニーキャッスルと同じくらい大きいですが、外見は白一色。空が常に暗いため白が際立って、非常に綺麗な見た目をしています。

13機関によって建てられたのか、もとからあったものをゼムナスが利用したのかは不明です。

また、「存在”しなかった“」という名前もよくわかっていません。ノーバディが”存在しないもの”と呼ばれるのと関係があるのでしょうか?

タイトルとURLをコピーしました