スポンサーリンク

【キングダムハーツ】魂とは?KHの用語をわかりやすく解説

キングダムハーツ
この記事は約3分で読めます。

キングダムハーツの世界では、人は次の3つにより構成されています

心とは、感情をつかさどる存在であり、キングダムハーツシリーズでは重要視されるキーワードの一つになっています。

体は言わずもがな体のことです。こちらは現実世界と何ら変わりはありません。

では、魂とはなんでしょうか?作中魂が重要になることがあまりないため、そもそも存在を知らなかったなんて方もいるかもしれません。

とは、人間の核となる部分です。アンセムレポートには次のような記述があります。

生命を構成する3要素……心、魂、肉体。
生命が心を失った時、残された魂と肉体は?
 
器である肉体に宿った魂が離れる時、生命は死を迎える。
しかし心が離れる時はどこへ?

ーKingdom Hearts2 裏アンセムレポート4 一部抜粋

ハートレス化などにより心が体から離れても人は死にません。しかし、魂が体から離れると人は死に至ります。

キングダムハーツでは、人の体が消える”消滅“と”“をごっちゃに考えてしまいがちですが、実は「死」の定義はしっかりされているんですね。

また、心が離れた場合はどうなるのでしょうか。アンセムレポートに次のような記述があります。

心が肉体を捨て去った時、
その肉体の行き先はどこに
向かうのだろうか?
 
心と魂は別であり、その魂は
肉体に宿ったままとなる。
魂が宿りし肉体を、滅んだと
認識してもよいのか?
 
確かに、心がハートレスへと
回帰するさい、肉体は消滅する。
 
だが、それはこの世界での
話であり、また別の世界で、
ハートレスの様に姿を変え、
存在しているのではないか?
 
だとすれば、自分以外の自分
がどこかに存在することになる。
 
闇でも光でも無い存在。
狭間に生きる存在。
心に捨て去られ、抜け殻と
なり、光も闇もうらむ者。
 
単純には解明できはしない
であろう。
心と肉体の関係は複雑である。
 
だが、自分がここに存在す
る以上、それを存在する者
だとは呼べまい。
 
ならば、こう呼べば良い。
 
   “存在しない者
ーKingdom Hearts アンセムレポート12

キングダムハーツ2の敵である「ノーバディ」はこのようにして誕生します。

とは言っても、ノーバディは誕生することがレアケースであり、誕生してもすぐに闇に溶けてしまう可能性が高いため、個体数はハートレスより少ないです。
詳しくはこちらで解説しています↓↓
【キングダムハーツ】ノーバディとは?KHの用語をわかりやすく解説

ちなみにですが、アンセムレポートの作者は”ゼアノート(賢者アンセムの弟子)“であり、裏アンセムレポートの作者は”賢者アンセム“です。師弟で同じような結論に至っていることが何となくわかりますね。

タイトルとURLをコピーしました