スポンサーリンク

【キングダムハーツ】真13機関とは?KHの用語をわかりやすく解説

キングダムハーツ
この記事は約13分で読めます。

真13機関とは、ゼアノートの心を分けられた13人の組織です。

13機関本来の目的である「光の守護者7人と衝突し、χブレードを作成する」ために集められました。

スポンサーリンク

真13機関の特徴

KINGDOM HEARTS Ⅲ
旧機関との違い
  • はじめから”ゼアノートの器”になることを認識している
  • メンバーはノーバディだけではない
  • 一部のメンバーは、過去から心のみ移動してきた

13機関(旧機関)との一番の違いは、メンバー全員が「ゼアノートの器になる」ことを理解していることです。

旧機関のときは、自我を放棄させる予定だったため、この目的はゼムナスとシグバールしか知りませんでした。

またメンバーはノーバディに限らず、過去からきた人物も含まれています。

過去からきたメンバーはどれもゼアノートの心と関係があった人物で、心の一部のみを時間移動で運びレプリカに入れることで肉体を形成しています。

真13機関のメンバー

メンバー全員がゼアノートの心を分けられており、瞳が金色になっている。

No名前体の状態初登場作品
1マスター・ゼアノート人間BbS
2闇の探究者アンセムレプリカKH1
3ゼムナスレプリカKH2
4シグバールノーバディKH2
5ルクソードノーバディKH2
6ラクシーヌノーバディCoM
7マールーシャノーバディCoM
8サイクスノーバディKH2
9テラ=ゼアノート人間BbS
10ダーク・リクレプリカKH1
11ヴァニタスレプリカBbS
12青年ゼアノートレプリカ3D
13シオンレプリカDays
補欠デミックスノーバディKH2
補欠ヴィクセンノーバディCoM
Noはローマ数字
補足:体の状態
  • 人間:そのままの意味。人間として機関入り
  • ノーバディ:心を捨て、ノーバディとなった
  • レプリカ:過去から心のみを移動、レプリカに入れ肉体を形成した

※連れてくる心は一部分のみ。そのため、過去における存在が消えることはない

マスター・ゼアノート

出典:KINGDOM HEARTS Ⅲ

アンセム(KH1)とゼムナス(KH2)が撃破されたことにより、人間として復活した。

同時に復活したテラは、心が闇にとらわれており体は空。そのため、過去から連れてきたテラ=ゼアノートの器として使われた

キーブレード戦争に強い興味を示す一方、「光や希望が、光から生まれた闇に呑まれてしまう世界の構造」を危惧し、世界の再構成を計画していた。

数々の悪行を行う本心は、世界のことを思っての行動だったのかもしれない。

闇の探究者アンセム

出典:KINGDOM HEARTS Ⅲ

過去から心を取り出し、レプリカとして登場

KH1のボスであり、テラ=ゼアノートのハートレス

自分の本体であるゼアノートの目的のために行動する一方、本心ではすでに諦めていた

ゼムナス

出典:KINGDOM HEARTS Ⅲ

過去から心を取り出し、レプリカとして登場

KH2のボスであり、テラ=ゼアノートのノーバディ。

真13機関でも旧機関組(ノーバディ)には命令を下している様子がうかがえる

シグバール

出典:KINGDOM HEARTS Ⅲ Remind

再びノーバディとなって登場

BbS時代からゼアノートに協力している、13機関の中でも最古参勢の1

真13機関に入ってから、ルクソードに”黒い箱”を探させていた

その正体は、ロストマスターの1人である”ルシュ”

おとぎ話の時代から心を移し替え続け、現代まで存在している

マスター・オブ・マスターの使命に従い、ゼアノートのキーブレードを見守っていた

ルクソード

出典:KINGDOM HEARTS Ⅲ Remind

再びノーバディとなって登場

シグバールの命令により”黒い箱”を探していた。

Remindにてシグバールの正体を問い詰めるシーンがあったが、真に迫った瞬間「道化を演じる」と言いそのまま命令に従った。

機関入りの理由や目的が一切不明、また正体も不明なキャラクター

KH3シークレットボス撃破後のムービーで、声と髪型がルクソードによく似ている人物が登場する(素顔不明)。

ラクシーヌ

出典:KINGDOM HEARTS Ⅲ

再びノーバディとなって登場

KH Uxで古のキーブレード使い”エルレナ“であることが判明しているが、今回も記憶はない様子。

そもそもエルレナと性格が違いすぎる。今後どっちの性格で登場するのか気になるキャラクター

機関入りの理由は「アイツに付き合ってやっただけ」

明言されていないが、”アイツ”とは十中八九マールーシャのこと。CoMで旧機関の裏切りに協力したのも同じ理由かもしれない。

マールーシャ

出典:KINGDOM HEARTS Ⅲ

再びノーバディとなって登場

機関入りした理由や目的は不明

ラクシーヌと同様、古のキーブレード使い”ラーリアム“であることが判明している

ソラとの戦いの後、記憶を取り戻したようで、自らの心を感じていた。

KH3以降さらに重要視されそうなキャラクターの1人

サイクス

出典:KINGDOM HEARTS Ⅲ Remind

再びノーバディとなって登場

真13機関を裏切るために、機関入りした

ゼアノートに協力する一方、ヴィクセンを裏切りに誘い機関入りさせた

そのヴィクセンによってデミックスも裏切りに加担した

テラ=ゼアノート

出典:KINGDOM HEARTS Ⅲ

復活したテラの体に、BbS時代のテラ=ゼアノートの心を入れている

外見はテラだが、中身はマスター・ゼアノートと同じ

マスター・ゼアノートの天才的なキーブレード使いの腕と、テラの屈強な体が合わさった結果、1人で光の守護者7人を圧倒するほどの凄まじい力を持っている。

ダーク・リク

出典:KINGDOM HEARTS Ⅲ

過去から心を取り出し、レプリカとして登場

KH1時代の”アンセムに乗っ取られたリク“と思われたが、その正体は「リク=レプリカ

本物に固執する姿は、生まれたばかり(CoM)のリク=レプリカそのもの

ヴァニタス

出典:KINGDOM HEARTS Ⅲ

過去から心を取り出し、レプリカとして登場

ヴェントゥスの”心の闇“から生まれた存在

Remindにて、ヴェントゥスとはそもそも別の存在であったことが判明

Uxで登場した“闇”の一部が彼の正体だと考えれる

青年ゼアノート

出典:KINGDOM HEARTS Ⅲ

過去から心を取り出し、レプリカとして登場

マスター・ゼアノートの青年時代の姿

故郷から旅立つ直前のゼアノートと思われるが、回想で登場する「黒い服を着た少年」より大人びて見える。

Uxのメダルやアルティマニアでも、回想で登場する少年は「黒い服を着た少年」と表記されているため、もしかすると(考え難いが)別人なのかも

シオン

出典:KINGDOM HEARTS Ⅲ Remind

過去から心を取り出し、レプリカとして登場

誕生したばかりの心を取り出したため、KH3登場時点ではロクサスやアクセルの記憶がない様子

しかし、ソラの中に眠っていたシオンの心や、ロクサスとの繋がりを辿ることで記憶が復活した

ヴィクセン

出典:KINGDOM HEARTS Ⅲ

ノーバディとなって登場

計画の肝である「レプリカ」の開発者。重要人物であるにもかかわらず補欠扱い

サイクスに誘われ、機関を裏切るつもりで機関入りした

自身が13機関時代に行った数々の行動に対し、心から反省をしている。

そのため、デミックスとは違い裏切りには協力的

デミックス

出典:KINGDOM HEARTS Ⅲ

ノーバディとなって登場

結局なんのためにいたかわからない人物。

もしかしたら、サイクスが裏切りに使いやすそうだから誘ったのかも?

ルクソードと同様、機関入りの理由や目的、正体が不明なキャラクター
※機関入りに関しては、彼曰く「うまく言いくるめられた」

ネットでは、「マスター・オブ・マスターの正体なのでは?」とよく噂されている

スポンサーリンク

まとめ

真13機関とは
  • “ゼアノートの器”13人の組織
  • 各々が強力な力を持っている
  • 7人の光の守護者と衝突し、χブレードを作成

13機関の本来の姿ともいえる真13機関。

かなり個性が強いメンバーが集まっており、組織として成立しているかは疑問点ですが、各々が強力な力を持っています。

中には未だ謎を秘めているキャラクターも存在しており、今後が気になります

KH3にて組織は消滅し、今後ストーリーで再登場する機会はなさそうですが、シリーズにおいて重要な組織であったことは間違いないです。

タイトルとURLをコピーしました