スポンサーリンク

【キングダムハーツ】13機関とは?KHの用語をわかりやすく解説

キングダムハーツ
この記事は約5分で読めます。
13機関の特徴
  • メンバー全員”ノーバディ”
  • 黒コートを着用している
  • キングダムハーツを使い”心を得る”ことが目的

13機関とは、ノーバディで結成された13人の組織です。

指導者であるゼムナスが仲間を集めて結成しました。

メンバーはノーバディで構成されており、心を有していません。そのため、人の心のキングダムハーツを媒介に心を得ることを目的としています。

また、”闇の回廊“というゲートを多用しますが、ノーバディゆえに闇に溶けやすいため黒コートを着用しています。

スポンサーリンク

機関のメンバー

No名前人間時の名前称号
1ゼムナス(Xemnas)アンセム(Ansem)狭間はざま指導者しどうしゃ
2シグバール(Xigbar)ブライグ(Braig)魔弾まだん射手しゃしゅ
3ザルディン(Xaldin)ディラン(Dilan)旋風せんぷう六槍ろくそう
4ヴィクセン(Vexen)エヴェン(Even)いてつく学究がっきゅう
5レクセウス(Lexaeus)エレウス(Aeleus)しずかなる豪傑ごうけつ
6ゼクシオン(Zexion)イエンツォ(Ienzo)影歩かげあゆ策士さくし
7サイクス(Saixアイザ(Isa)つき魔人まじん
8アクセル(Axel)リア(Lea)おどるかぜ
9デミックス(Demyx???夜想やそうのしらべ
10ルクソード(Luxord)???運命うんめいもの
11マールーシャ(Marluxia)ラーリアム(Lauriam)優雅ゆうがなる凶刃きょうじん
12ラクシーヌ(Larxene)エルレナ(Elrena)非情ひじょう妖姫ようき
13ロクサス(Roxas)ソラ(Sora)めぐりあうかぎ
14 ?シオン(Xion)
※本来のNoはローマ数字

No.13のロクサスは、シリーズの主人公である「ソラ」のノーバディです。しかし、ソラが特殊な方法でハートレス化→人間に復活したため、彼は記憶を持たずに生まれます。

No.14のシオンは”レプリカ”と呼ばれる人形で、機関員の中で唯一ノーバディではありません。

人間時の名前について補足
  • アンセム~イエンツォまでは裏アンセムレポートより
  • アイザ・リアはBbSにて
  • ラーリアム・エルレナはUxおよびKH3アルティマニアにて判明

機関員の名前

彼らの名前は「人間時の名前+X」のアナグラムになっています

名を与えたのはゼムナスであり、X異端の印と呼ばれます。

ゼムナスは人間時「ゼアノート」という名前でしたが、師匠である賢者アンセムの名を偽り裏切ったため、アンセム+Xのアナグラムになっています。

シオンはノーバディではないため、人間時の名前がありません。彼女の名前は、レプリカの名称である「No.i」に X を加えたアナグラムになってます。

No.iは虚数を表しており、彼女が真の意味で「存在しないもの」であることがわかる、皮肉がきいた名前になっています。

機関入りした理由

No.1~8までは賢者アンセムの弟子であり、ゼアノートの影響で機関員入りしました。

彼らが心を闇に堕とした(ノーバディ化した)原因は、ゼアノートと共に心の闇の研究をした結果、心が闇に呑まれてしまったからと考えられます(裏アンセムレポートより)。

No.13のロクサスはキーブレード使いであったためゼムナスがスカウト。

残りのNo.9~12のメンバーは、この中にいる“古のキーブレード使い”を探すため機関に入れたことがKH3にてゼムナスにより明かされました。

このうち、マールーシャラクシーヌ古のキーブレード使いであることがUxにて明かされています。残りの2人(デミックス・ルクソード)が古のキーブレード使いと関係があるのか、現状不明です。

スポンサーリンク

13機関の行動遍歴

早見表
  1. ゼムナスの誕生
  2. 13人のノーバディを集める
  3. 忘却の城にて5名が消滅
  4. 14番目とレプリカ計画
  5. ソラ vs 13機関
  • ~KH1
    ゼムナスの誕生

    ゼアノート(テラ=ゼアノート)がハートレス化し、アンセムが誕生。同時に、その抜け殻であるゼムナスが誕生する。

  • 13人のノーバディを集める

    自身のハートレス化と同時に、賢者アンセムの弟子たちもハートレス化。同時に彼らのノーバディも生まれる。

    ゼムナスを含む賢者アンセムの弟子たち8人と、シグバールがスカウトしたメンバー4人を加えて組織を創る(13機関)。

    トワイライトタウンで生まれたソラのノーバディに名前(Roxas)を与え、機関に加入させる。これでメンバーが13人となる。

  • KH CoM
    忘却の城

    忘却の城へ行ったメンバー:
    マールーシャ・ラクシーヌ・ヴィクセン・アクセル・ゼクシオン・レクセウス

    キーブレード使いであるソラの記憶を操れる「ナミネ」を手中に収めた機関は、レプリカ計画を始動する。ナミネの力を使い、忘却の城にてソラの記憶を改変し操り、かつ奪った記憶からレプリカを創ることで、機関の言いなりになるキーブレード使いを2つ作ろうとした。

    しかし、マールーシャの裏切りやソラ・リクの奮闘によって計画は破綻。忘却の城に送った6名のうち5人が消滅し、ナミネも失う結果となった(アクセルのみ帰還)。

  • KH Days
    14番目とレプリカ計画

    13機関に14番目のメンバーである”シオン”を迎える。シオンはレプリカ計画にて作られた人形であり、忘却の城で得たソラの記憶から存在を形成している。

    機関は、ソラ・ロクサス・シオンのキーブレードで解放された心から、キングダムハーツ(人の心のキングダムハーツ)を創る計画を進める。その影響で、本来心が解放され人間に戻れるはずだった人が、戻れなくなってしまう。

    一方、人形であるシオンがソラの影響で自我を持ってしまい、ついには自分の正体を知ってしまう。

    自身が何者かを知ってしまったシオンはソラへ還る決断をし、最終的に消滅。

    同じように自身の正体を知ったロクサスは、機関を裏切りシオンを取り戻そうとするも、その道中リクに敗れ、リクとDiZに誘拐→ソラへ還った。

  • KH2
    ソラ vs 13機関

    シオンとロクサスの消滅により目覚めたソラをけしかけ、ハートレスを倒させる。

    キーブレードにより解放された心を一か所に集め、人の心のキングダムハーツを完成させる目前、正体を隠していた賢者アンセムにより破壊され、ゼムナスやその他メンバーもソラたににより消滅する。

タイトルとURLをコピーしました