スポンサーリンク

【キングダムハーツ】ノーバディとは?KHの用語をわかりやすく解説

キングダムハーツ
この記事は約7分で読めます。

ノーバディとは、心を失った人間の体と魂が意思を持ったものです。

別名:存在しないもの、抜け殻

人間のハートレス化と同時に、「強い想いや心」をもった人間が稀にノーバディになります

そのため、ハートレスに比べ数は圧倒的に少ないです

スポンサーリンク

ノーバディの特徴

ノーバディの特徴
  • ハートレスより賢く、統率がとれる
  • 人間時の記憶を持っている
  • 稀に”人間の姿”で生まれる(13機関)

ノーバディはハートレスとは違い、知能があります。そのため、ノーバディ同士で統率がとれます

13機関のメンバーはそれぞれ使役ノーバディを持っており、各々指示を出して操っています。

ハートレスが実力主義ならば、ノーバディは能力主義と言えるかもしれません

また、ノーバディは人間時の記憶を持っているとされます。

稀に、記憶をもとに肉体を再形成し、人間時の姿で再生するノーバディもいます(後述の人の姿をしたノーバディ参照)。

ノーバディの見た目

基本的なノーバディ

ノーバディは白いうねうねした形が多く、体に紋章が入っています。

ハートレスよりも数が少ない分能力が高く、知能があるため統率がとれます

人間の姿のノーバディ

人間時の姿とほとんど同じです。

人間とそん色なく行動し、時には心があるかのような言動や行動をみせることもあります。

ノーバディから人間に戻れる?

人間に戻ることはできます。しかし、意図的に戻ることはできません。

ノーバディから人間に戻るには、

  • ノーバディである体
  • ハートレスである心

この2つが消滅すると、人間に戻ることができます。

ソラがハートレス化したとき、同時にノーバディであるロクサスが生まれます

しかし、ソラは特殊な方法で人間に戻ってしまったため、ノーバディであるロクサスが存在したままになりました。

その結果、ロクサスは記憶や姿が特殊なノーバディとして生まれました。

スポンサーリンク

ノーバディはどうやって生まれる?

ノーバディが生まれる経緯
  1. ハートレスに襲われる
  2. 心は闇に堕ち、体は消滅する(ハートレス化)
  3. 体が別の世界で再生し、自我を持つ(ノーバディ化)

ノーバディ化はハートレス化と同時に起こります。

「強い想いや心」を持った人物が稀にノーバディとなるので、ハートレス化した人がすべてのノーバディになるわけではありません

また、ノーバディは闇に溶けやすいため、生まれた直後に闇に溶け存在が消えてしまうこともあります。

つまり、ノーバディは超希少種です(その割にはいっぱいいる気がする)

ルクソードやデミックスといった、ノーバディ化した理由が不明なキャラクターもいるので、もしかしたら別の方法もあるかもしれません。

人間の姿をしたノーバディ

さらに強い想いや心を持った人物は、稀に人間の姿で再生します。

人間の姿のノーバディは、ぱっと見人間と区別がつきません。しかし、他のノーバディと同じで心が無いため、非人道的な行動をすることがあります。

また、超希少種である人間の姿をしたノーバディを13人集めたものが”13機関”です。

特殊なノーバディ

特別なノーバディ
  • ロクサス
  • ナミネ

ロクサス

キングダムハーツシリーズの主人公”ソラ”のノーバディ

ロクサスは人間姿のノーバディなのに、記憶や姿を継承していません(ソラの心にいる”ヴェントゥス”の姿を継承している)。

他のノーバディは記憶から心を取り戻していますが、ロクサスは、アクセルやシオンのような自身の繋がりによって新しい心を得てしまったため、ソラとは別人格の存在となりました。

ナミネ

カイリのノーバディ

通常のノーバディ化とは違い、ソラの体とカイリの心を媒介に生まれました。

そのため、ソラとカイリのノーバディとも言えます

ナミネとは、ソラの心に直接干渉した
カイリの分身であり、だからこそソラや、ソラと
つながる心を持つ者たちの記憶を操れたのでは
なかろうか。
 
彼女は真の意味で“存在しないもの”であり、
ノーバディにすらなれずに行き場をなくした、
もっともはかない影である。

ーKingdom Hearts2 裏アンセムレポート9より抜粋

アンセムレポートではこのような記述があります。

ナミネは特殊な生まれのため、ソラとソラに関わる者の記憶を操る能力を持っています。

また、本来ノーバディが生まれないはずのカイリの心から生まれたことや、明確なオリジナルがいないことから「真の意味で”存在しないもの”」と呼ばれています。

タイトルとURLをコピーしました