スポンサーリンク

【キングダムハーツ】キーブレードマスターとは?KHの用語をわかりやすく解説

キングダムハーツ
この記事は約3分で読めます。

キーブレードマスターとは、キーブレードを極めた者に与えられる称号です。

キーブレードマスターになるには、キーブレードマスターに認められる必要があります。

一般的に、キーブレードマスターが弟子をとり、その弟子が一定の力を持っていると判断したら、弟子に対してマスターを承認するという流れです

しかし、テラやアクアのように”マスター承認試験”を行う場合や、リクのように師匠ではない人物(この場合イェンシッド)からマスター承認してもらう場合もあります(本来これはかなり特殊)。

スポンサーリンク

キーブレードマスターの能力

キーブレードマスターは以下のような能力があります

  • 継承の儀”を行える
  • 心を取り出し他人に移せる

これらの能力は、キーブレードマスターと同等の力を持っていれば使えます。そのため、マスターに承認されていない「テラ」「ソラ」も作中でこれらの力を使っています。

「継承の儀」

キーブレード使いになるには「継承の儀」を受ける必要があります。

儀式といってもその方法は単純で、キーブレードマスターが自分のキーブレードを継承者に触らせるだけです。

儀式を受けた人物が「強い想いや心」を持ったとき、キーブレードが現れます。

継承といっても、キーブレード自体を継承するわけではありません(そうする場合もある)。どちらかというと「キーブレードを持つ資格を与える」というニュアンス

心を取り出し他人に移せる

自他関係なく、心を取り出し他人に移せる力を持っています。

ゼアノートはこの力を使い、テラの体を乗っ取りました。同様に、KH3ではソラがこの力を使い、テラ=ゼアノートにテラの心を移しました。

「人の心のキングダムハーツ」にも同様の力があるとされ、13機関は人の心のキングダムハーツを媒介としゼアノートの心を13人に分け与えようとしていました。

スポンサーリンク

キーブレードマスター一覧

名前承認者
ゼアノートウォーデン
エラクゥスウォーデン
イェンシッド不明
アクアエラクゥス
王様(ミッキー)イェンシッド
リクイェンシッド
ウォーデン不明

マスター・ウォーデンとは、ゼアノートやエラクゥスの師匠にあたる人物です。

KH DRのストーリーで登場していますが、現在出番が少ないため詳細は不明です。

おとぎ話の時代の予知者もキーブレードマスターと呼ばれています

名前承認者
マスター・オブ・マスターなし
イラマスター・オブ・マスター
インヴィマスター・オブ・マスター
アセッドマスター・オブ・マスター
グウラマスター・オブ・マスター
アヴァマスター・オブ・マスター
ルシュマスター・オブ・マスター

マスター・オブ・マスターは正式な名前ではありません。キーブレードマスター(予知者たち)のマスターなのでマスター・オブ・マスターと呼ばれています。

そのため、予知者からは単にマスターと呼ばれています。

タイトルとURLをコピーしました