スポンサーリンク

【キングダムハーツ】ハートレスとは?KHの用語をわかりやすく解説

キングダムハーツ
この記事は約6分で読めます。

ハートレスとは、闇に染まった人の心が魔物のようになったものです。

心をうしなった体は消滅しますが、まれに「強い心や想い」をもった人間の体は、別の世界で再生し「ノーバディ」となります。

スポンサーリンク

ハートレスの特徴

ハートレスの特徴
  • 人の心を奪い、増殖する
  • “心無き者”とよばれ、心や意思はない
  • 大きく分けて2種類いる

ハートレスは心をもとめて人を襲い、その数を増やします。

ハートレスに襲われた人物は、心が闇に染まり消滅します。闇に堕ちた心はハートレスとなり、人を襲い始めます。

ハートレスの行動原理は、数を増やすことにあります。これは本能的に行う行動であり、そこに心はありません。

心や意思がなく、ただ本能のままに行動する様子から”心無き者“とも呼ばれます


【2021/6/1 追記】

ユニオンクロス最終回にて、始祖の闇13体ハートレスの起源であることが判明しました。

ハートレスが本能的に人を襲い「数を増やす」ことは、闇が「増えること」を目的として行動している影響だと推測できます。

ピュアブラッドとエンブレム

ハートレスは「ピュアブラッド」と「エンブレム」の2種類に分けられます。

自然発生したハートレスはピュアブラッドと呼ばれ、人工的に作られたハートレスはエンブレムと呼ばれます。

スポンサーリンク

ハートレス化

心が闇に飲まれると、闇となった心がハートレスとなります。

ハートレス化の要因
  • ハートレスに襲われる
  • ハートレス製造装置で、心の闇を増幅
  • 人の心のキーブレードを使う

基本的に、ハートレスは人を襲うことで数を増やします。

しかし、人工的にハートレスを作ることも可能です。賢者アンセムの弟子ゼアノートは”ハートレス製造装置”を作り、人工的にハートレスを作りました。

そのメカニズムは、”心の闇を無理やり増幅させハートレス化させる“というものです。このようにして作られたハートレスはエンブレムと呼ばれます。


特殊な例として、人の心のキーブレードを使う方法があります。

人の心のキーブレードは”人の心を解放するキーブレード”であり、対象の心を解放することができます。

解放された心は闇に吞まれ、結果的にハートレス化してしまいます。

この方法で心を解放したソラは、ソラ・ハートレスとなりますが、カイリの心を媒介として人に戻ります。

この一連の流れにより、特殊なノーバディ「ロクサス」が誕生します。

特殊なハートレス

特殊なハートレス
  • 闇の探究者アンセム
  • ソラ・ハートレス

闇の探究者アンセム

闇の探究者アンセムは、闇である(と考えている)キングダムハーツを研究するため、自らハートレス化しました。

自らハートレス化した影響で、自我を持ったままハートレスとなっています。

また、本能で行動するハートレスは、より強いハートレスに従います。そのため、アンセムはハートレスを操ることができます。

アンセムがハートレス化した真の狙いは、肉体を捨てることでした。
肉体を捨てることにより、時間移動が可能になります。

ソラ・ハートレス

ソラは自らに人の心のキーブレードを使い、ハートレス化しました。

アンセムと違いハートレスになることを望んでいませんでしたが、自ら意図的に心を解放したため、ハートレス化しても自我が残っています(完全には残っていない様子)。

本来ハートレスをキーブレードで倒さない限り、人間に復活できません。

しかし、ソラはカイリの心を媒介とし人間に戻っています。

前述にもありますが、このような特殊な条件化で、ノーバディ「ロクサス」は生まれました。彼が記憶や姿を引き継いでいないのはこのためです。


タイトルとURLをコピーしました