スポンサーリンク

【キングダムハーツ】闇とは?KHの用語をわかりやすく解説

キングダムハーツ
この記事は約2分で読めます。
スポンサーリンク

闇とは?

KH3以前まで概念や属性として扱われてきた「闇」ですが、ユニオンクロスにて「闇という存在」がいることが判明します。

作中では、自我をもった闇を「」、自我を持たない闇の集合体を「」や「」と表現することがあります。

闇が増殖し派生するなか、姿を持った個体がハートレスです。つまり、闇とはハートレスの祖先にあたります。

スポンサーリンク

闇の特徴

主な特徴
  • 増えることしか考えていない
  • 実体のない闇に消滅はない
  • 光が大嫌い

光が大嫌いなのは、「心を理解できないから」と言われています。闇には心が無く、心をもつ光の存在の思考や行動が理解できないようです。

マスターオブマスターが少年だったころ、闇には姿があったらしいです。

戦いの中で闇は姿を捨て、物理的な攻撃から人の心を攻撃するようになりました。その結果、多くの人々が闇に消されたとされています。

闇の弱点

「個」の喪失

消滅が無い闇ですが、姿を持たないままでは不便なことが判明します。

それは「個」を維持できないことです。

姿が無いため他の「個」との境界がなくなり、互いに溶け合い「全」になります。「全」となった闇は自我を持てず、単なる「闇という概念」になってしまいます。

戦うために自我が必要と判断したためか、闇は再び姿を得ようと行動します。

闇は姿を得るために、人の心に巣食い体を乗っ取るチャンスをうかがっています。

闇とマスターオブマスター

ある闇の個体は、マスターオブマスターと頻繫に会話している様子がうかがえます。

ただし、決して仲がいいわけでは無いです。皮肉をこめて「友人」と呼びあっていますが、腹の探り合いのような会話をしています。

闇は予知書を盗み見ていましたが、マスターオブマスターはあえて無視していた様子。

彼いわく「予知書はそんな大層なものじゃない」らしい。そのため、見られても問題が無いという発言をしています。

タイトルとURLをコピーしました