スポンサーリンク

【キングダムハーツ】ダンデライオンとは?KHの用語をわかりやすく解説

キングダムハーツ
この記事は約4分で読めます。

ダンデライオンとは、マスター・アヴァによって創られた組織です。

アヴァは、ユニオンの隔たりを超え、優秀なキーブレード使いを集めた組織を創りました。

スポンサーリンク

ダンデライオンの特徴

  • 目的は「キーブレード戦争後に生き残ること」
  • 戦争後にユニオンを引き継ぐ
  • リーダーは5人

目的は「キーブレード戦争後に生き残ること」

ダンデライオンは、マスター・オブ・マスターの指示の下マスター・アヴァによって創られました。

その目的は、予知書に記された「キーブレード戦争」に参加せず先の時代へキーブレード使いを残すためです。

キーブレード戦争では、多くのキーブレード使いが消滅することが予知書によりわかっていました。

マスター・オブ・マスターは、キーブレード戦争後にキーブレード使いを残すために、アヴァにダンデライオンを結成するように使命を与えました。

ダンデライオンに選ばれる人物は、闇に飲まれない強い心を持った優秀なキーブレード使いです。アヴァは強い心の持ち主を選別するため、キーブレード使いたちをふるいにかけました。

見事アヴァに認められたキーブレード使いはダンデライオンにスカウトされ、一員になります。

ダンデライオンのメンバーは、キーブレード戦争後に別の世界線へ移動します。移動した先で、”キーブレード戦争後が起きなかった世界”を追体験します。

補足
世界線の移動とありますが、実は彼らが移動したのは”データの世界”です。
マスター・オブ・マスターは、戦争後に予知者がいなくなり未来の世界が再現できなくなることを見越して、データの中に世界を構成していました。

こちらでもう少し詳しく解説しています
【キングダムハーツ】予知書とは?KHの用語をわかりやすく解説

真実を知るのはユニオンリーダーの5人

ダンデライオンのメンバーは、キーブレード戦争が起きたことを知りません。マスター・オブ・マスターいわく「悲劇の記憶は先の時代には必要ない」とのこと

真実を知っているのは”ユニオンリーダー”と呼ばれる5人の人物だけです。ユニオンリーダーとは、マスター・オブ・マスターが決めた5人の人物で、アヴァには彼らを然るべきタイミングでリーダーに任命するよう伝えました。

ユニオンリーダーは以下の5人です

  • エフェメラ
  • ブレイン
  • スクルド
  • ラーリアム
  • ヴェントゥス

この中のある一人に予知書の写しを引き継がせるように指示していました。しかし、アヴァは光の消滅の歴史を変えるべく、マスターとは違う人物に予知書を渡しています。

また、本来はユニオンリーダーに選ばれていない人物も含まれています。

アヴァは”ストレリチア”という少女をユニオンリーダーとして指名していましたが、何者かによって彼女は消滅させられました。

しかし、戦争後に集まったユニオンリーダーはしっかり5人います。そのため、この中の誰かがストレリチアを消滅させてリーダーを乗っ取ったことに…

ユニオンを引き継ぐ

キーブレード戦争後、ダンデライオンのみでユニオンを引き継ぐことになっています。

予知者はすでにいないので、ユニオンリーダーがそれぞれのユニオンを引き継ぐことになります。

誰がどのユニオンを引き継ぐかは、現在のところ決まっていません。というか、このまま決まらないで終わりそうです。

マスター・オブ・マスターいわく、「ユニオンを引き継がない=予知者の行動を否定することになる」らしい。なんともよくわからい理由なので、なにか意図がありそう。

スポンサーリンク

ネタバレ注意

予知書の写しを渡された人物

予知書の写しは”ブレイン”に渡されました。本来渡されるはずだった人物は”エフェメラ”です。

なぜマスターがエフェメラを選んだかは、現在のところわかっていません。

4月に更新されたストーリーでは、予知書はブレインからエフェメラに渡されました。結局マスターの思惑通りエフェメラへ渡ったということか?

偽ユニオンリーダーとストレリチア消滅の犯人

ストレリチアを消滅させた犯人は”ヴェントゥス”でした。正確には、”彼の中に潜んでいた闇”が犯人です。闇はヴェントゥスの体を操り、ストレリチアを消滅させました。

闇いわく、「ヴェントゥス自身が望んだこと」らしい。ヴェントゥスが力を望んでいたので、ユニオンリーダーという力を与えてやったとのこと。

最新ストーリーで明かされた”闇の目的”から考えると、ストレリチアが消滅させられた理由はなんとも不憫です。

タイトルとURLをコピーしました