スポンサーリンク

3000円で買えるBuruberi製の片手ゲーミングキーボードが使いやすい

ゲーミングキーボード
この記事は約17分で読めます。
このキーボードがおすすめな人
  • 質より値段
  • 片手キーボードを使ってみたい
  • pcゲーム初心者

PCゲーム初心者片手キーボードを使ってみたい方におすすめできるキーボードです

逆に、PCゲーム中級者以上の方ゲームを本格的にやりたい方は他のキーボードを使った方がいいかも

スポンサーリンク

簡単な仕様

メーカーburuberi
種類片手キーボード
キー数35(カスタムキー6)
保証購入から1年
スポンサーリンク

良かったところ

  • とにかく安い
  • 無駄なキーがないから作業スペースが広がる
  • カスタム可能なキーが6つ

とにかく安い

まず言っておくと、ガジェット製品を値段で選ぶのはおすすめできません

なぜなら、ガジェット製品は日常的に使うものだからです。

プロゲーマーの方がよく「キーボードは消耗品」と口にしていますが、僕のような一般人からするとキーボードは長期間使うものです。

僕は同じキーボードを5年以上使い続けたこともあります。

そんな僕がなぜ安さをメリットにあげたかというと、このキーボードは圧倒的に安いからです。

もはや消耗品と考えられるレベルの安さをしています。

高性能な片手ゲーミングキーボードは、大体7000~1万円くらいします(ピンキリですが)。値段の分より良い性能を持っていますが、やはり高いデバイスは購入をはばかられますよね。

このキーボードは3390円と、有名メーカーの半額以下の値段で購入できます(2021年5月時点 Amazonにて)。

正直安いだけなら他にもありますが、大体の製品が余計なものを付属(主にコンバーター)しているため、必要がない付属品も買わなければいけません

その点、この商品はキーボードだけなので、無駄なものを減らすことができます。

作業スペースがひろがる

作業スペースが狭い方におすすめできるポイントです

机が小さいと、キーボードだけでスペースをとってしまいます

特に、ローセンシのFPSプレイヤーは作業スペースを広くとりたいところ

  • ローセンシ = マウス感度が低い

片手キーボードを使えば、広いスペースでマウスをぶん回すことができます

WASDの押し間違いが減る

ゲームの移動でよく使う「WASD」キーがザラザラしているので、押し間違いが防げます。

とくに、FPSなどのオンライン対戦ゲームでは押し間違いが「負け」に直結しますので、かなりうれしい機能です

カスタム可能なキーが便利

このキーボードには、カスタム可能な「G1~G6」というキーがあります。

カスタムキーに、すこし押しづらいキーなどを割り当てると便利です。

「T」や「V」などの押しづらいキーを設定することで、ゲームをプレイしやすくなります。

■キーの設定
 1.「FN」と任意の「Gキー」を同時押し
 2.キーが白く点灯
 3.設定したいキーを押す
 4.もう一回「FN」と「Gキー」を同時押し
 

このキーボード上に存在しないキー(例えば「K」とか)はカスタムできないので注意

カスタムキーのデフォルトは「F1~F6」になってます。
初めて使うときに設定し忘れてないようにしましょう

人によっては注意

  • カスタム専用ソフトがない
  • タイピングができない

カスタム方法が難しい

現状、buruberi製の商品には、カスタム専用のソフトが存在しません

そのため、キーのカスタムなどは手動で行うことになります。

手動で行うため、キーがしっかりと設定できているかの確認が重要です。

専用のソフトウェアがあれば設定も楽ですし、カスタマイズ性も上がると思いますが、やはりこの価格なら文句は言えなか…

Amazon内のレビューを見てみると、なぜかエンターキーは設定できるみたいです。

タイピングができない

片手キーボードなのでタイピングができません

これに関してはスペースが広がる代償として諦めましょう

保証が微妙

有名メーカーではないので、保証がしっかりとしているかは微妙です

壊れた際の保証はあまり期待しないようにしましょう(さすがに初期不良は対応してくれるはず…)

まとめ

いいところ
  • 安いから気軽に買える
  • 作業スペースが広がる
  • キーをカスタムできる

ダメなところ
  • カスタム用のソフトは無い
  • 非有名メーカーゆえの保証の不安

やはり安さが一番です

安いので、片手キーボードを始めるのにちょうどよく

また、壊れた時の精神ダメージが少ないのもポイント(特に僕のようなガラスのハートの持ち主)

一方、安さゆえの頼りなさや不安感は否めません。有名メーカーにこだわりたい方はそうしましょう

値段は3300円くらい(多少前後しますが)なので、気軽に使ってみてはどうでしょうか


タイトルとURLをコピーしました