スポンサーリンク

【キングダムハーツ】黒コートとは?KHの用語をわかりやすく解説

キングダムハーツ
この記事は約1分で読めます。

黒コートとは、闇から身を守るコートのことです。

13機関の正装のようなイメージがありますが、これは彼らがノーバディであることが由来しています。

point
  • 闇の浸食から身を守る
  • 起源はマスターオブ・マスター?

黒コートには、闇の侵入を防ぐ効果があります。そのため、別の呼び方では「闇を払う衣」「狭間の者の衣」なんてのもあります。

13機関は「闇の回廊」と呼ばれるゲートを多用します。生身の人間が闇の回廊に入ると、心が闇に浸食されてしまいます。それが心を持たないノーバディであれば、存在そのものが闇に溶けてしまう危険性があります。

そのため、機関員は闇から体を守るため黒コートを着用しています。

KH3でソラたちに与えられた新衣装は「闇を払う衣」と呼ばれていたため、黒コートと同様の能力があると推測できます。また、BbSで登場した「鎧」にも同様の効果があります。

KH Uxのおとぎ話の時代では、マスターオブ・マスターとその弟子であるルシュの2人が着用していました。時系列で考えるとこちらがオリジナルであることがわかりますが、なぜこの2人だけが黒コートを着ているかは謎です。

タイトルとURLをコピーしました