スポンサーリンク

間違いなく映えるスケルトンなマウス【HyperX Pulsefire Haste】がかっこいい

ゲーミングマウス
この記事は約3分で読めます。

こんにちは。デジタルマンです。

完全に一目惚れで購入した「HyperX Pulsefire Haste」の記事を書いていこうと思います。

このマウス、スケルトンでかっこいいだけでなく、他のマウスにはない機能も搭載されています。

スポンサーリンク

簡単な仕様

メーカーHyperX
接続有線
ボタン数6個(サイド4個)
重さ59g(ケーブル除く)
DPIカスタム可能
スポンサーリンク

良かった点

とにかくかっこいい

六角シェルデザインと呼ばれる、六角形のスケルトン模様が施されています。

隙間からマウスの中身がみえ、ハード好きにはたまらないデザインです。

特に、ホイール部分にあるライティング(光ってるところ)が内側から発光してるのがたまらなくいいですねぇ

写真や動画でも「映える」こと間違いなしです。

6000万回たえるクリック

TTC Golden防塵マイクロスイッチと呼ばれる技法で、6000万回のクリックに耐えることが確認されました。

マウスは平均2000万~3000万クリック耐えると言われるので、その2~3倍の耐久力をもっていることになります

6000万とう数字にピンとこない方は、以下の表を見てください

出典:HyperX公式サイト

HyperX製マウスのクリック数です。この表からわかる通り、HyperX製マウスの中でも圧倒的耐久力を誇っています。

オンラインゲーマーの一日平均クリック数が約1万らしいので、単純に考えると6000日もつことになりますね(笑)

人によっては注意

軽すぎるかも…

bird feather, feather, plume

59gというと、ゲーミングマウスの中ではかなり軽い部類です。

そのため、ハイセンシ(高感度)プレイヤーには扱いずらいかもしれません。

ミドル~ローセンシプレイヤーの方は非常に使いやすいと思います

外側の耐久が若干不安

danbo, sad, figure

六角シェルデザインはとってもかっこいいんですが、残念ながら落下して破損するリスクは少~しだけ高いです。

そこまで耐久力が低いわけではないですが、スケスケな分どうしても他よりは低めになってしまいます。

ただ、耐久力が低めなのは六角シェルの部分だけなので、機能面では耐久力が高いほうです。

まとめ

Rating: 3 out of 5.

個人的な評価は★3です。機能も十分あり見た目の抜群にかっこいいんですが、ハイセンシの僕には少し使いづらかったですね…

クリックの耐久力・軽さ・クールを兼ね備えたいいマウスだと思います。グリップも付属なので握りやすいです。

お値段も¥5980と平均的な値段なので、とりあえず購入してダメなら売却するのもいいですね(僕はそうしました)。

タイトルとURLをコピーしました