スポンサーリンク

【キングダムハーツ】ソウルイーターとは?KHの用語をわかりやすく解説

キングダムハーツ
この記事は約1分で読めます。

ソウルイーターとは、KH1にてリクが使用した武器です。

スポンサーリンク

ソウルイーターの特徴

  • キーブレードではない
  • KH2にてキーブレードに変化
  • KH3でさようなら

キーブレードではない

リクが使っている武器なのでキーブレードと思われがちですが、ソウルイーターはキーブレードではありません。

もとはマレフィセントからリクへ渡されたものであり、おそらく闇の力を使う武器だと思われます。

禍々しい見た目をしており、剣のような形状をしています。

KH2にてキーブレードに変化

KH2にて、リクの強い心に呼応してキーブレードに変化しました。

キーブレードになってからは”ウェイ・トゥ・ザ・ドーン”という名前になります。英語だと「way to the down」となり、直訳すると「夜明けへの道」。

これはCoMのラストで、自分の進む道を「夜明けへの道」と発言していたことより、リクの強い意志がキーブレードに反映されている考えられます。

KH3でさようなら

KH3にて、闇の世界でキーブレードを酷使した結果、ウェイトゥザドーンは折れてしまいます。

これ以降リクは新しいキーブレードを使用し、このキーブレードとはここでお別れとなりました。

タイトルとURLをコピーしました